久保 あづみ

上司との距離が近く
働きやすい職場が
入社の決め手でした。

営業部 主任
久保 あづみ(2008年10月入社)
  • ワールド・エステートを選んだ理由を教えてください。

    前職は内勤営業だったのですが、営業方法や仕事の進め方に制限が多く、もっと柔軟に働ける仕事を求めて転職を考えていました。そんな時に出会ったのがワールド・エステートでした。女性社員でも活躍できる場があることや、新人にも任せてくれる社風。そして何よりも、上司との距離が近く仕事上の意思決定が早いのではと感じ、入社を決意しました。

  • 入社して良かったと思うことは。

    業界未経験だったのですが、決まったやり方にしばられることなく営業できる環境が良かったと思っています。また、毎日さまざまなお客様や取引先の方とお会いする仕事ですので、幅広い知識が得られるのはもちろん、出会いの数だけ人間的にも成長させていただきました。

  • 入社後、身につけたスキルや資格について教えてください。

    感情を抑えること(笑)。決して何にでも感情的になるというわけでは無いんですよ。この仕事は、お客様のお話をしっかりとお聞きすることが大切と、入社当時から厳しく指導いただいたんですが、そのおかげで、言葉を発する前に相手の気持ちをしっかり考えることができるようになりました。そのおかげか、一目でお相手の性格が見抜けるようになりました!

  • やりがいを感じることは。

    お客様の中には、それほど住宅を持つことに関心を持たれていないかたもいらっしゃるのですが、それでも何度も商談にお越しいただけることがあります。お話をお伺いしアドバイスを差し上げるうちに「このマンションが欲しい」と言っていただけた時には、すごくやりがいを感じます。他にも、販売を進めていると家族ぐるみでお話させていただくことがあり、例えば、転校をいやがるお子さまと一緒に遊んで仲良くなったこととか、ご夫婦の喧嘩を仲裁してなど…、そういうことがきっかけで商談がまとまった時にも、同じようにやりがいを感じますね。マンション販売の仕事というのは、道のりが険しいほど契約に至った時の喜びが多いんだと感じています。

  • 仕事を通して、一番うれしかったことは。

    入社して間もない頃、初めての訪問営業で月末になっても1件の成約も得られずすごく悩んでいました。明るい顔で営業してはいるのですが、心の中はすごく焦っていました。それでもめげずに一件一件丁寧に訪問することを心がけていました。そんなある日に訪問させていただいたお宅での経験なのですが、そちらは女性で一人住まいのお宅でした。たまたま、女性の営業マンだったからという理由で、気軽に扉を開けてくださり、お部屋に通していただくことができました。まだ経験も浅く説明も十分では無かったと思うのですが、私の話を一生懸命聞いてくださり、私も精一杯お話をお伺いしました。その結果、なんと当月にご契約くださったんです。諦めずに営業活動を行うことの大切さを知り、非常に嬉しかったのを今でも覚えています。

  • 職場の雰囲気や環境について教えてください。

    メリハリのある職場だと思います。月一回の全体会議では緊迫することもよくあります(笑)。でも、営業の現場では各自がそれぞれのやり方で目標に向かって仕事をこなしていける自由さもあります。仲間たちみんなが一生懸命仕事に向き合っていて、面倒見のいい人も多いので、困難や辛さも共有しながら、日々楽しみながら働ける環境だと思います。

  • 今後の抱負を教えてください。

    日々の仕事に忙殺されていて、なかなかゆっくり考えることができないのですが、後輩たちがこの会社で頑張っていきたいと思えるような環境であることを、常に心がけていきたいと思っています。また、新しい仕事や苦手な分野にも、どんどんチャレンジして仕事の幅を広げていきたいですね。

  • 営業部 課長
    劉 亮(2004年10月入社)

  • 事業部 次長
    前田 登志夫(2007年5月入社)

  • 営業部 係長
    千原 裕明(2009年4月入社)

  • 営業部 主任
    柳 勇次(2011年10月入社)

  • 営業部 主任
    西澤 直軌(2012年11月入社)

  • 営業部
    野口 朋世(2014年9月入社)

  • 事業部
    本田 昂平(2016年10月入社)

  • 営業部
    井上 輝秋(2017年3月入社)

TOP