本田 昂平

少数精鋭の会社だからこそ
一人ひとりの繋がりが
深いのだと思います。

事業部
本田 昂平(2016年10月入社)
  • ワールド・エステートを選んだ理由を教えてください。

    社長面接の際、会社や仕事に対する熱い思いを聞いたときに、すごくワクワクしたことを今でも覚えています。そして面接終了後、わざわざ外までお見送りしてくださったのも非常に印象的でした。社会人未経験ということもあり、何を基準に会社を選べばいいか分かりませんでしたが、この人たちと仕事をしたい、この人たちのような社会人になりたいという思いから入社を決意しました。

  • 入社して良かったと思うことは。

    入社後、営業部に配属となりました。短期間ではありましたが、多くの知識と経験を得ることができたのは良かったです。直接お客様と話すことでリアルな悩みや問題点を知ることができ、一緒に考えることで「家を買う」という、お客様の気持ちを深く理解できるようになりました。市況や金利について学べたのも大きな収穫でした。現在所属する事業部では、マンション用地の検討から、仲介業務や賃貸の斡旋など、多岐に渡る業務と向き合い、より幅広い知識と経験を身に着けられる環境にあります。まだまだ勉強中ですが、このような環境で、幅広い経験と知識を得られることは、お客様の安心につながり、そして自分の価値を高めてくれるとても貴重なものだと考えています。

  • やりがいを感じることは。

    やはり自社ブランドである「ディモア」シリーズに、マンション用地の検討段階から携われることですね。自分が携わったプロジェクトに「ディモア」の名が付き、そこに多くの方が住まわれるというのは、想像しただけでワクワクしてきます。新しい場所に、新しい住まいを創造し、そこに新たな暮らしを提供できる。この仕事はとてもやりがいのあるものだと感じています。

  • 仕事を通して、一番うれしかったことは。

    営業部に配属されて、初めてご契約いただいたことです。訪問営業で出会ったお客様だったのですが、当時まだ経験も浅く、先輩に同行してもらっていました。その後の商談でも、常に先輩がリードしてくださったので、ご契約いただき自分の成績となっても、当初はあまり実感がなかったんです。しかし、同行いただいた先輩から「この契約のきっかけを作ったのは本田やで」と言っていただけたことで、素直に喜びが込み上げてきました。

  • 入社後、身につけたスキルや資格について教えてください。

    宅地建物取引士の資格を取得しました。これまでの私は非常に意志の弱いところがあり、何事もあまり長続きしなかったのです。そんな私が、わずか一回の受験で合格することができたんです。会社や上司、先輩方が勉強をしやすい環境を作ってくださり、毎日のように声を掛けてもらえたことで、モチベーションを保つことができました。この環境だからこそ取得できたんだという気持ちと、やればできるという自信にも繋がりました。

  • 失敗経験とその時の対処方法について教えてください。

    マンション売却の仲介業務を担当していた時のことです。業者とのやり取りの中で、契約関連書類の内容を伝え忘れてしまい、社内だけでなく業者やお客様にまで、大変ご迷惑をお掛けしたことがありました。お客様からは解約の話が出るほどでした。上司から「失敗する事は仕方が無い。ただ、その後どうやってその失敗を取り返すかが大事だ。」という言葉をかけていただき、その失敗を乗り越えることができました。もちろんご迷惑をお掛けしているので、仕方が無いでは済まされないのですが、今ではいただいた言葉と、その時の経験を教訓にして、失敗を恐れるのではなく、前向きな考えで業務に取り組めるようになりました。

  • 入社後、もっと成長が必要だと感じたことは。

    私一人でお客様と商談しだした頃、質問に答えられず会話にも詰まり、沈黙が続くという場面がありました。お客様にも失礼ですし、自分に対してとても悔しい思いをしました。まずは人と会話をする所から見つめ直さなければならないと痛感しました。
    事業部に配属されてからは、業者を訪問する機会が増えたのですが、ベテランの方も多く、より専門的な知識が求められるようになりました。経験不足から会話が成立せず、相手にされないこともありました。改めて自分のレベルの低さを痛感し、もっと経験と成長が必要だと感じました。

  • 職場の雰囲気や環境について教えてください。

    賑やかで明るい職場だと思います。もちろん張り詰めた空気の中で仕事をする場面もありますが、良い意味でオン・オフの切り替えができる会社ですね。毎年ソフトボール大会があるのですが、優勝を目指して全力でプレーするあまり、怪我人が出るほど熱く盛り上がったこともありました(笑)。仕事だけでなく遊びも全力投球できるのがワールド・エステートだと思います。

  • 上司や同僚とのコミュニケーションは。

    上下関係はきっちりとしていますが、若手社員と役職者の距離は比較的近いと思います。お酒の席では、上司や先輩から仕事中に聞けないような話もたくさん聞くことができます。まだまだ叱られることも多いのですが、その倍以上笑っていると思います。営業から事業部へと異動になりましたが、営業部の仲間とは毎週顔を合わせますし、一緒に呑みに行ったりとコミュニケーションも大切にできています。少数精鋭の会社だからこそ、一人ひとりの繋がりが深いのだと感じています。

  • 今後の抱負を教えてください。

    もっとたくさんの「ディモア」シリーズのマンションを一人でも多くの方に届けたい。そして「ワールド・エステート」と言えば「ディモア」、「ディモア」と言えば「ワールド・エステート」という認識を、世の中に広めたいと考えています。より多くの「ディモア」シリーズマンションを供給していくために、私自身でマンション用地の仕入れができるよう、成長することが今の目標です。

  • 営業部 課長
    劉 亮(2004年10月入社)

  • 事業部 次長
    前田 登志夫(2007年5月入社)

  • 営業部 主任
    久保 あづみ(2008年10月入社)

  • 営業部 係長
    千原 裕明(2009年4月入社)

  • 営業部 主任
    柳 勇次(2011年10月入社)

  • 営業部 主任
    西澤 直軌(2012年11月入社)

  • 営業部
    野口 朋世(2014年9月入社)

  • 営業部
    井上 輝秋(2017年3月入社)

TOP